奥只見丸山
〒946-0082
新潟県魚沼市湯之谷芋川湯之谷芋川大鳥1317−3
電話:025-795-2750
奥只見丸山スキー場 春
*YOUTUBE字幕機能、CCをオンにするとゲレンデのコース名が表示されます。
RIDER:シンジ
奥只見丸山スキー場 冬
*YOUTUBE字幕機能、CCをオンにするとゲレンデのコース名が表示されます。
RIDER:シンジ
*Googlemap Naviは冬期閉鎖道路が入っていません  冬期閉鎖道路が含まれる場合は注意が必要です

グーグルマップ

コールボタン

奥只見丸山スキー場

晴れたときの山頂・丸山ゲレンデ


 

奥只見丸山スキー場 レビュー

日時: 2015年12月下旬 / 天候:雪  / 雪質: 良い
 
撮影者レビュー
撮影日はふもとのスキー場が暖冬で雪に悩まされている中で新雪を十分に楽しむ事が出来た。例年より量は少ないものの、壁には雪が付きグルーミングバーンも気持ちが良い。シーズン頭ここで体を作っている私は、毎年初滑りがパウダーという思いをここでさせて頂いている。今シーズンも間違いはなかった。
 
佐藤慎二のホームマウンテン奥只見丸山スキー場
奥只見が秘境といわれているのは、スキー場へ向かう道路のシルバーラインの影響があると思う。全長22.6kmのほとんどがトンネルで壁もごつごつしている。まるで昔マンガで見た秘密基地へと続く道の様。そして山のふもとからゲレンデに到着したときの雪の量・雪質が劇的に変化することにも秘境間は高まる。
このスキー場は、初冬と春の時期にしかOPENしないスキー場で、ゲレンデの面白さは冬と春では全くちがう。冬はスキー場が多く開いてない中、既にパウダーを十分楽しめる条件がととのい、春は豪雪地帯の地の利を生かし、海外のサマーキャンプを思わせる大きな規模のスノーパークが出現する。また地形もあり程よい規模のゲレンデは十分にフリーライディングが楽しめる。当サイトのメインライダー佐藤慎二はこのスキー場のローカル。彼の基礎はここで育まれたではないだろうか。奥只見丸山スキー場、是非一度訪れてみてはいかかでしょう。ちなみにゲレンデに音楽はかかっていません。ゆっくりと自然を感じれます。そしてリフトは高速ではありません。滑る時期に合わせたレイヤリング必要です。
 
奥只見丸山スキー場

大きくターンの出来るAコース


奥只見丸山スキー場

中腹のレストランブナ平

グーグルマップ

駐車場収容台数:  700台
駐車場平日:   無料
駐車場土日祝日: 1000円/( 第1・2駐車場のみ)
コース数:    10
最大滑走距離:  4000m
最大傾斜:    37度
託児所:     ー
キッズパーク:  ー
スノーパーク:  あり(春)
ナイター:    ー
シルバーラインは夜間閉鎖されています。
詳しい情報はスキー場にお問い合わせ下さい。
 
ページトップへ