ビンディングの付け方(片足)

 

スノーボードの第一歩を踏み出そう

スキーと違いスノーボードは、斜度がないところでは両足のビンディングをつけたまま移動することができません。そこでスノーボードでは、前足のビンディングだけはめて平地で移動したり、リフトに乗ったりする必要があります。両足を装着する前に、まずは片足のビンディングだけはめてみましょう。

① 座って板を置く

まずは谷側を向いて座り、ボードを目の前におきましょう。ボードが勝手に流れてしまわないように、すぐにリーシュコードを装着します。リーシュコードを装着するまではボードから目を離さないようにしましょう
 

② ビンディングに足を乗せる

ストラップをサイドによけて、足を乗せるスペースを作ったら、ボードを自分側にやや立てて、前足のかかとをヒールカップに装着します。 ブーツの足裏に雪がついたままではうまく装着できませんので、あらかじめ雪は取り除いておきましょう。
 

③ アンクルストラップをはめる

アンクルストラップをラチェットに挿入し、外側のバックルを何回か引き上げます。バックルを引き上げるたびにストラップが締まっていきますので、程よいキツさになるまでバックルを繰り返し引き上げます。 ストラップをキツく締め過ぎると、滑っていくうちに足に疲れを感じやすくなります。一方でストラップが緩すぎると滑走中に足が動いてしまい、ボードの操作性が落ちてしまいます。キツすぎず緩すぎない程度にストラップを締めていきましょう。
 

④トゥストラップも同様にはめる

同様に、トゥストラップも締めていきます。トゥ側も程よいキツさで締めることができたら、これでビンディングの装着は終わりです。

 

ページトップへ

First step / 滑る前に!

ビンディングを付ける(片足)

スノーボードの第一歩を踏み出そう!

 

片足での立ち方

片足で立つことは、コツさえ掴めば簡単!

 

ビンディング両足外し方/はめ方

ビンディングを正しく装着しよう

 

スケーティングをしてみよう

リフトの乗り降りに欠かせない動きを習得

 

スケーティングでの止まり方1

安全な「かかとのエッジ」で止まる方法!

 

スケーティングの止まり方2

予期せぬボードの動きに対応するために