初心者の必殺技・木の葉落とし(後ろ向き)

ジグザグ滑走を使って後ろを向く感覚を養おう

木の葉落としとは、片方のエッジに乗ったまま斜面をジグザグに滑り降りることです。 加重するエッジを変えずにジグザグに降りていけば、ターンが出来なくても ひとまずは下まで滑り降りることができます。後ろ向きの木の葉落としは進行方向が見えずはじめは怖いので後ろを向きながら止まる方法をしっかり身につけた後に、体の位置を正しくキープすることを心がけてトライしましょう。
 

① 膝を柔らかくしてコース端を目指す

後ろ向きに行う木の葉落としも、前向きの場合と原理は同じです。膝を軽く曲げながらトゥエッジに加重し、コース端を目指しましょう。くれぐれもかかと側のエッジを掛けないように注意すること。膝が棒立ちになりすぎると突然かかと側のエッジが入る、逆エッジを招いてしまいます。

② 斜面を切れ上がるとスピードは落ちる

コース脇が近付いてきたら、つま先側にさらに加重してスピードを弱めましょう。上半身を前へ傾けながら、斜面を少し登るようにしてエッジをかけるとスピードはさらに弱まるでしょう。体を傾けすぎて目に転ばないように気をつけましょう。

③ 目線をチェンジし再びボードに加重する

スピードが落ちてきたらやや体を起こし、目線をチェンジし反対側のコース端に送りましょう。余裕があれば後ろを気にして、人が滑り降りてきていないかを確認するとよいでしょう。膝を曲げてボードに再度加重していき、逆向きに滑り出します。

④ 木の葉落としを連続させ下を目指そう

再びスピードを緩め、目線をチェンジして、ボードの向きを変えて滑ります。木の葉落としはこの交互の動きの連続です。逆エッジには特に注意しながら、コースをジグザグに滑り降りてリフト乗り場を目指しましょう。
 

ページトップへ

2nd step / 滑ってみる!

ボードの止まり方(前向き)

スノーボードの第一歩を踏み出そう!

 

ボードの止まり方(後ろ向き)

片足で立つことは、コツさえ掴めば簡単!

 

木の葉落とし(前向き)

ビンディングを正しく装着して快適に滑ろう

 

木の葉落とし(後ろ向き)

リフトの乗り降りに欠かせない動きを習得

 

リフトの乗り方(乗車方法)

初心者の最初の砦・リフト乗車の方法

 

リフトの降り方(降車方法)

スムーズな降車方法を知っておこう。