片足での立ち方を覚えよう

 

体の真下に後ろ足を付こう。

片足でうまく立つためには、ビンディングを装着している足には力を入れず、両手、後ろ足の三点で立つようにしましょう。後ろ足をお腹側に引き寄せ、自分の体の近くで雪面を踏ん張るとバランスを取りやすいでしょう。立つ時に前足に力を入れてしまうと、余計な力がボードに加わり意図せず板が動いてしまうことがあります。ボードが動かないように注意しながら片足だけで素早く立つようにしましょう。

① まずは雪面に両手をつく

前足のビンディングを装着したら、今度はそのまま立ってみましょう。ヒールサイドのエッジは雪面に刺したまま、両手を雪面につき、後ろ足で素早く立ち上がります。 

 

② ヒールエッジを雪面に刺す

立ち上がったら前足のかかとを立てて、ボードのヒールエッジを雪面に突き刺しましょう。エッジを雪に刺すことで、思わずボードが進んでしまうことを防ぐことが出来ます。 ツルツルと滑りやすい雪質の場合は、ボードを斜面に対して真横にキープしたままエッジを刺すとよいでしょう。

 

③ バランスをキープ

後ろ足で雪面をしっかり踏みつけ、リラックスしてバランスをキープしましょう。

 

ページトップへ

First step / 滑る前に!

ビンディングを付ける(片足)

スノーボードの第一歩を踏み出そう!

 

片足での立ち方

片足で立つことは、コツさえ掴めば簡単!

 

ビンディング両足外し方/はめ方

ビンディングを正しく装着しよう

 

スケーティングをしてみよう

リフトの乗り降りに欠かせない動きを習得

 

スケーティングでの止まり方1

安全な「かかとのエッジ」で止まる方法!

 

スケーティングの止まり方2

予期せぬボードの動きに対応するために