スケーティングでの止まり方

 

安全な「かかとのエッジ」で止まる

最も一般的な止まり方で、前を向きながら止まるので安全です。リフトを降りたときやある程度スピードが付いているときは、この方法で止まるとよいでしょう。

① まずは両肩を開いていく。

目線は正面を見続けて、腰を起点に両肩を前方へ開いていきます。ボードと平行になるように肩を先行させていきましょう。上半身を先にひねることで、上体が遅れるのを防ぐことができます。

 

② 下半身でボードを回していく

両肩を先行させていくと、徐々にパワーが下半身にも伝わっていきます。前足の足首を進行方向にひねりながら、後ろ足のかかと部分を前方へ蹴り出すようにして板を90°回していきます。
 

③ かかと側のエッジに加重

ボードが90°回転したら、体をやや後ろに倒し、両足のかかとを使ってヒールサイドのエッジに加重していきましょう。スピードが出ている時は、このエッジ加重をさらに強めるとよいでしょう。

 

 

 

④ 後ろ足を雪面に刺して完全に止まろう

スピードが弱まってきたら、ゆっくり後ろ足をボードから外し、雪面を力強く踏み込みます。ヒールサイドのエッジに加重したまま両肩を広げてバランスを取り、ボードが完全に止まるまで待ちましょう。

 

 
ページトップへ

First step / 滑る前に!

ビンディングを付ける(片足)

スノーボードの第一歩を踏み出そう!

 

片足での立ち方

片足で立つことは、コツさえ掴めば簡単!

 

ビンディング両足外し方/はめ方

ビンディングを正しく装着しよう

 

スケーティングをしてみよう

リフトの乗り降りに欠かせない動きを習得

 

スケーティングでの止まり方1

安全な「かかとのエッジ」で止まる方法!

 

スケーティングの止まり方2

予期せぬボードの動きに対応するために