スケーティングでの止まり方

 

色んな止まり方を覚えておこう

初心者にはやや難易度の高い止まり方ですが、片足で滑っている時のボードはとても不安定です。予期せぬボードの動きに対応する為に、ぜひやり方は頭に入れておきましょう。

① 上半身からひねる

まずは真っすぐ数メートル進んで体の重心を安定させましょう。重心が安定したら目線を後方に向け、両肩をボードと平行に保ちながら後方へひねります。前が見えなくて怖くても、腰の位置はボードの真上にキープすることが大切です。

② 自然にボードが動き出すのを待つ

膝をやわらかく保ちながら体をつま先側に少しずつ倒していきましょう。トゥエッジに力が伝わりはじめ、ボードは徐々に真横に向き出します。ボードがなかなか真横を向かなくても焦るのは禁物。余計な力を与えずに板が動き出すのを待ちましょう。後ろ肩の位置を高く保っておくことが大切です。 

③ つま先側のエッジに加重

ボードが止まるまでつま先に加重し続けましょう。ボードが止まったら後ろ足をボードのデッキから降ろして雪面を強く踏みつけ、完全にボードをストップさせましょう。
ページトップへ

First step / 滑る前に!

ビンディングを付ける(片足)

スノーボードの第一歩を踏み出そう!

 

片足での立ち方

片足で立つことは、コツさえ掴めば簡単!

 

ビンディング両足外し方/はめ方

ビンディングを正しく装着しよう

 

スケーティングをしてみよう

リフトの乗り降りに欠かせない動きを習得

 

スケーティングでの止まり方1

安全な「かかとのエッジ」で止まる方法!

 

スケーティングの止まり方2

予期せぬボードの動きに対応するために