スノーボードの止まり方(前向き)

止まりよければ全てよし!?

動いているボードをしっかりと、正確に制止させることは、スノーボードを安全に楽しむ上で欠かすことの出来ない非常に重要なアクションです。「滑ってみたはいいけど止まり方が分からない」では予期せぬクラッシュを招くばかりか、他の人に危害を与えてしまう危険性もあります。逆に言えば、どんなところでも確実にボードをストップさせることができれば、単純にどんなところでも滑走することが可能なのです。正しい止まり方をしっかり習得して、安全にスノーボードをい上達させていきましょう。

① 止まる前に少し真っすぐ進む。

まずはボードをまっすぐにしたまま数メートル進みましょう。重心が安定してないのに無理に止まろうとすると危険です。ボードの上で余裕ができてからでも遅くはありません。

② 上半身を先行させていく

いきなり下半身を使ってボードを回すのではなく、まずは上半身を前方へ向けていきましょう。 上半身をあらかじめ先行させておけば、次のアクションで腰から下を楽に動かすことができるのです。 

③ ボードを徐々に横向きにしよう

お腹が正面を向いたら、次に下半身とボードを真横に向け始めましょう。板が真横を向きはじめたら、上半身を後ろ側に少し倒します。スピードが出ていれば出ているほど体には慣性の法則が働きますので、体をさらに倒してもバランスを崩すことはないでしょう。

上体を後ろに倒すことでヒールエッジに力が加わり、ボードにブレーキがかかり始めます。もっとブレーキをかけたいときは膝を曲げてさらにヒールエッジに加重しましょう。
くれぐれも逆側のエッジ(トゥエッジ)には加重しないこと。スノーボードにおける最も危険な転び方の一つである「逆エッジ」を招いてしまいます。

③ 全体でバランスを整えて静止

ボードが完全に止まったら上体を起こし、引き続きヒールエッジに加重したまま体全体でバランスを整えましょう。
ページトップへ

2nd step / 滑ってみる!

ボードの止まり方(前向き)

スノーボードの第一歩を踏み出そう!

 

ボードの止まり方(後ろ向き)

片足で立つことは、コツさえ掴めば簡単!

 

木の葉落とし(前向き)

ビンディングを正しく装着して快適に滑ろう

 

木の葉落とし(後ろ向き)

リフトの乗り降りに欠かせない動きを習得

 

リフトの乗り方(乗車方法)

初心者の最初の砦・リフト乗車の方法

 

リフトの降り方(降車方法)

スムーズな降車方法を知っておこう。