スノーボードの止まり方(後ろ向き)

じっくり時間をかけて習得しよう

かかと側のエッジ(ヒールエッジ)でボードをストップさせることが出来たら、今度はつま先側のエッジ(トゥエッジ)を使ってスノーボードの止まり方を習得しましょう。この場合、止まるときは進行方向が見えなくなりますが、体の位置に気を配れば、少ない力で楽に止まることができるでしょう。難しいかもしれませんが決してびびらないこと。「怖くてもびびらない」気持ちでのぞみ、根気よく動きを身につけていきましょう。

① ゆっくりまっすぐ進もう

ヒールエッジで止まるときと同様に、まずは安定してまっすぐ進みます。いきなり止まろうとアクションを起こすと、すぐに膝をついてしまうでしょう。落ち着いて、コントロールできるゆっくりなスピードで直進します。

② 先に上半身を先行させる

ボードがまっすぐ進んでいるのを確認したら、腰から下は動かさずに目線をゆっくりと後方下に送り、両肩を使って背中を前へ向けていきましょう。このように上半身を先に先行させていくことで、ボードの動きをよりスムーズに行うことができます。

③ 体を倒してつま先に加重

上半身をお腹側に倒しながらつま先のエッジに体重を乗せ、ゆっくりとボードを回していきましょう。逆エッジを避けるためかかと側には絶対に加重しないこと。ただし逆エッジを恐れるあまり体を倒し過ぎないこと。膝を柔らかく保ち、からだ全体でバランスを取るようにしましょう。

③ さらにつま先に加重し完全に止まる

ボードが完全に真横を向いたらエッジ加重をさらに強めてボードの動きを確実に止めましょう。ボードが止まったら体を起こしてエッジ加重を緩め、ややつま先に乗りながらバランスを取るとよいでしょう。

ページトップへ

2nd step / 滑ってみる!

ボードの止まり方(前向き)

スノーボードの第一歩を踏み出そう!

 

ボードの止まり方(後ろ向き)

片足で立つことは、コツさえ掴めば簡単!

 

木の葉落とし(前向き)

ビンディングを正しく装着して快適に滑ろう

 

木の葉落とし(後ろ向き)

リフトの乗り降りに欠かせない動きを習得

 

リフトの乗り方(乗車方法)

初心者の最初の砦・リフト乗車の方法

 

リフトの降り方(降車方法)

スムーズな降車方法を知っておこう。