インタビュー福島大造

 
Taizo Fukushima : 生粋の元天神ローカル。本場のMt.Bakerで行われるBANKED SLALOMにコース制作から立ち会い参加。日本の天神バンクドスラロームを西田洋介と共に最高の草大会を目指して毎年運営・開催する。また、フリーライド・フリースタイルに特化したスクールをかぐらスキー場にて運営。各地で大会を企画運営をしながら、山を攻め続ける。

━━━今年のコースはどんな感じで制作しましたか?

  •  雪不足で例年使用してる沢が利用できなかったので、この機会に新しいラインにチャレンジしてみたかったので、あのラインになりました。今年は毎年来ているマット・カミンズが来日していませんでしたが心配はありませんでした。(弟のマイク・カミンズは来日している。)今までにマットから多くのアイデアをもらっていたし、マイク・カミンズ含め自分も様々なコースに携わっていたので不安はありませんでした。

  • 自分的にはまだまだ理想と程遠いコースなので、今後も進化を続けていきたいです。

 

 

━━━300名以上が参加する大会ですが運営していて大変な事は何ですか?

  • 大変とは一度も思ったことは無いです。

  • 好きでやってるので!

  • ただ、天気のことはすごく気になり、胃が痛くなることもあります。ガスが出るんじゃないかとか、気温が急激に下がりアイスバーンになるんじゃないかと。レース中は常に時計とにらめっこしてます。

 ━━━逆に最高なことは何ですか?

  • みんなの笑顔が見れること。
  • そして、『楽しかった!』といわれるとまた頑張ろうと思います。その時の達成感は凄くいい気持ちです。また、オーガナイザーの特権を利用し息子の滑りを観戦禁止エリアで見れることかな!(笑)

 

 

━━━バンクドスラロームの面白い所は何処ですか?

  • レース的にはシンプルなところ。
  • この大会でいえば、Staff・協賛メーカー・参加者等、関わる全ての人がバンクドスラロームという大会を通して一つになれるところです。

 

━━━大会に興味を持っている人、参加者のみなさんに一言お願いします。

  • スノーボードって本当に楽しく奥が深いですね。これからも楽しみましょう!!

 
 

 
 

他のイベント&ゲームス

Gumchop 2016
Mountain Wave 2016
天神バンクドスラローム
ページトップへ